M@Mって何ですか?

白い闇の回廊|Gallery I

7.8×15.7mの長方形の展示室。家具店のショールームとして使われていた部屋をリノベーションし、白い壁とコンクリートの床によるニュートラルな展示空間を創出します。レンブラントの《屠殺された牛》をモティーフにしたモリムラの《白い闇》(1994年)から命名されました。

 

時をかける箱庭|Gallery II

「白い闇の回廊」と隣り合う、約7.8×7.8mの正方形の展示室。時間を越えて自由自在に行き交うアートが、小さな空間に無限に広がるさまをイメージして、こう名づけられました。

 

ギ・装置 MCinema

客席24のミニシアター。モリムラの映像作品を上映するほか、レクチャーやトークの会場としても使われる予定です。

1996年に横浜美術館で開催された「森村泰昌展 美に至る病—女優になった私」で初公開された実験映画「ギ・装置 M」(監督:伊藤高志)にちなんでいます。なおこの映画タイトルは、東京大学名誉教授・小林康夫氏によって考案されました。

 

記憶の樹|Library & Salon

森村泰昌の展覧会カタログや著書など、アーカイヴ資料が並ぶライブラリーと、静かで落ち着いたくつろぎのためのサロン。木製の本棚を木の幹に、書籍の数々をそこから茂る葉になぞらえた「記憶の樹」のスペースでは、過去から現在までのモリムラの活動の全てを閲覧いただけます。光がふんだんに差し込む、居心地のよい空間です。

 

森村屋商店|Museum Shop

モリムラの展覧会ポスターや各種ポストカード、特製モリムラTシャツ、オリジナルマルチプル作品、入手困難なカタログや書籍など、他所では手に入らないモリムラグッズを取り揃え、お待ちしています。